2009年04月15日

Elia Kazan, Wild River, 1960

見る機会がほとんどないだろうこの映画、しかしカザン監督のお気に入りらしくて、彼はこの映画が不憫でフォックスから買い取ろうとしたらしい。でもすごいいい映画で見られたのは幸運だった。詳しい解説は以下のページにあるので、ここでは簡単なことだけを書くことにする。

http://www2.netdoor.com/~takano/southern_film/wild_river.html

1930年代のアメリカ、洪水で苦しむテネシー川にニュー・ディール政策の一環としてダムを造っている。そのダムのせいで沈むことになる川中の島に強情なおばあさんが住んでいて、たちのこうとしない。そこに説得にやってくる男と、そのおばあさんの娘が恋におちる。この娘さん役のLee Remickが青い目をしていて神秘的だし若いし綺麗なんだよね。この娘さんとこの筋だけでもう名作って感じ。

カザンのほかの映画と同じくこれもセリフ劇って感じの映画だけど、画面に映っている家とかがすんごいリアル。虫も這ってるし、いつも雨が降っているしで、なんだか画面にほんと迫力がある。ぼろぼろの家が醸し出す臨場感みたいなの、そういうのを撮っている映画って最近見ないよなあ。そういうぼろぼろの家で子どもが二人いる女の子と恋に落ちる、なんかどうしようもなくリアルなんだけど、これ。でも、夢がなさそうな恋愛だけに、Lee Remickが迫るときのセリフはすごい、っていうか、そういうこと言われるのってどんな気分なんだろう。羨ましいものだ。そして泥のなかで男が言う「ぼくは後悔するだろうし、きみも後悔すると思うが…結婚してくれ」っていうセリフもまたよい。

1930年代の、アメリカ南部の雰囲気っていうのがすんごい出ている。それだけでほんとに価値がある。そして映画の最後、おばあさんの埋葬の時、ニルヴァーナもカバーしていたLead Bellyの"Where Did You Sleep Last Night?"を歌っているのにはびっくりした。そういや、同時代なのか。
posted by 映画狂人百歩手前 at 09:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 1960年代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月14日

Tony Gilroy, Duplicity, 2009

Julia RobertsとClive Owenが演じるスパイ合戦映画。二人は恋人で、お互いに同じ会社のスパイチーム二杯って、ライヴァル会社の新製品に関する情報を盗もうとする。で、ジュリア・ロバーツが二重スパイをやっていて、ライヴァル会社の内部から情報を盗もうとするわけだけど、彼女の接触相手がClive Owenで、二人は数年前に一夜を共に過ごしたことがある。で、その二人のやりとりが冒頭で繰り広げられるわけなんだけど、次第に二人の関係がもっとややこしいことになっているということが分かってくる、というほんとに相当ややこしい映画。監督はThe Bourne Identityのシリーズの脚本家だった人で、この映画の脚本ももちろん彼。

ちょっと難しい筋が大人むけっていうのと、かなり作りこんだ映画だけに万人向けではないかもしれないけれど、ぼくはこれは今年の映画ベストテンを選ぶとき、『スラムドッグ・ミリオネア』に匹敵する映画だと思う。そんくらい気に入った。演出も完璧だし、主役二人の魅力もすごい。Julia Robertsでこんなに可愛かったっけ? Clive Owenってこんなにいい俳優だったっけ? 何より、二人のやりとりがほんとに面白い。いっつもお互いに腹の探り合いをしていてサイコーです。なんかすんごい古典的なものなんだよね、こういう大人のやりとりって。デビュークレジットのスローモーションのシーンなんかも最高だし、ほんとに隅々まで気が利いている。圧倒的なまでにエンターテイメントで知的で繊細だ。ああ、ほんとこういう映画ってアメリカでしか作られないのはなぜなんだろう。
posted by 映画狂人百歩手前 at 09:03| Comment(1) | TrackBack(0) | 2000年代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。