2010年10月03日

絶対的な処女作

蓮實重彦いわく、映画には「絶対的な処女作」なるものがある。以下が彼が挙げるリスト。

ニコラス・レイ『夜の人々』
ジャック・ロジエ『アデュー・フィリピーヌ』
ベロッキオ『ポケットの中のにぎり拳』
カネフスキー『動くな、死ね、甦れ!』
ジャ・ジャンクー『一瞬の夢』
チョン・ジェウン『子猫をお願い』

ところで、ジャック・ロジエ『アデュー・フィリピーヌ』とチョン・ジェウン『子猫をお願い』には、なにか似た雰囲気がある。ぜひ見比べてみてほしい。
posted by 映画狂人百歩手前 at 04:00| Comment(0) | TrackBack(0) | そのほか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。