2011年04月09日

Anthony Mann, The Naked Spur, 1953

アンソニー・マンの『裸の拍車The Naked Spur』は傑作だ。

主人公はジェイムス・ステュアート、ヒロインは『サイコ』のシャワー・シーンであまりにも有名なジャネット・リーの西部劇。

「西部劇というジャンルの終わり頃に作られた作品」というにおいがプンプンとする作品で、西部劇の歴史についての授業があったらまず登場するだろうという作り。

お話は、ジェイムス・ステュアートが賞金稼ぎに悪党を二人の仲間とつかまえるのだけど、その賞金をめぐって三人のあいだには緊張が走るし、悪党はそれを利用してなんとか逃げようとする。さらには悪党の女友達ジャネット・リーも、悪党と主人公との間で右往左往する。

というわけで、お話はほとんどサスペンス。でも西部劇っぽい活劇もあるし、舞台はロケ。荒涼とした道中の風景が、人物たちの心象とマッチしている。

ところで、主人公の二人の仲間というのは、鉱探しに今までずっと無駄に人生を費やしてきた老人ジェシー(ミッチェル)と、酋長の娘に手を出してインディアンに追われる騎兵隊くずれのロイ。主人公も保安官だと嘘をついていたり、なかなか完璧にまっとうな人間というのはこの映画には出てこない。

途中、復習に燃えるロイが勝手に手を出して、インディアンの一体を全滅させる戦いのシーンがあって、これはすごい迫力。おそう方もちょっとびっくりした感じの奇襲になるのだけれど、描き方が相当リアルだ。

ラストの締めくくり方はこの映画ならではの微妙な感じ。西部劇が終わりにさしかかった、というのは、もはや正義と悪を分けることができなくなったからで、そこでは一人の人間に同時に善と悪が潜むことになる。あるいは一人の人間のその曖昧さ事態が問題になる。これは、そういうたぐいの映画の一つの代表的なものだと思う。


posted by 映画狂人百歩手前 at 06:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 1950年代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。