2009年01月31日

Woo-Suk Kang, Silmido, 韓国, 2003

これを事実についての映画だと思ってみるとこのブログが書いているみたいに怒らないといけなくなる。まあ、明らかに過剰な演出がされているのは明らかなので、ほんとにこれがそのまま起こったと考えるのはもともと無理がある。にしても、ほんとは部隊抹殺命令なんか出ていなかったっていうのはちょっとあれかなとは思う。でもこの映画、作りからしてハリウッドっぽいんだから、そういうものよ。

だからすごいのは、これだけ深刻な事件をギャグ……じゃないやハリウッドっぽく脚色して強引に感動させようとするところだよね。その自分の国の歴史をネタにした商売根性ってのはすさまじいなあと思う。ここまでいくと、これは「潔いわざとさ」だと思う。俳優も惜しげもなく有名なの使ってるしね。

で、これ見て面白いのは、男たちの熱さだよね。すぐ喧嘩するし、毒づくし。そのへん、韓国人は日本人と違うなあってすごい思った。日本人はやっぱり自己抑制して起こったりしないのが美徳だもんなあ。似たような民族だけど、そこんとこはすごい違う。そして、男臭い映画を撮ろうと思うと、日本ではやくざ映画しかなく、韓国では軍隊ものになるというのは必然的であるように思える。男好きな人にはすごいお勧め。



posted by 映画狂人百歩手前 at 15:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 2000年代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月13日

Baz Luhrmann, Australia, 2008

これは……冒険と死ぬほど甘いメロドラマをオーストラリアの広大な自然を舞台に展開して、そこにエキゾチックなアボリジニのおじいさんと戦争を背景に味付けしたらこうなるっていうだけの映画。ニコール・キッドマンが出ている意味分からん。音響や映像がそれなりによかったので、映画館でだったら飽き飽きしつつもなんとか最後まで見られたけれど、テレビとかでこれを二時間半見るのはちょっときついと思う。もう出来た瞬間から不良債権みたいな映画だね、これ。

こういう映画について、どこが駄目だとか書くのはほんとに簡単。そういう仕事回ってこないかしらんと思うくらい。なので、もうみんなそういうことは書いているし、読む機会も多いと思うのでここでは繰り返さない。しかし、この監督ほんとに下手くそだね。これ縮めて一時間半くらいにしたら、ちょっと変わった西部劇みたいになって面白かったかもしんないけど、なんだかなあ。ほんとに。



posted by 映画狂人百歩手前 at 02:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 2000年代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月07日

Steve McQueen, Hunger, 2008

一応見たので報告だけはしておこうかな。これは監獄もの映画。Steve McQueenはむかし死んだ同名の俳優とは別人。念のため。これ、まったく事前情報知らずに見に行ったからIRA活動家についての映画だってことがだいぶんあとになるまで分からなかった。けれど、そういう背景的なことはけっこう余計に思えて、途中で挿入される対話のシーンも相当余計に思えた。それがなければ、純粋によい映画だと褒めたいところだけど、ちょっとあざとさが目に付いてしまった。まあ、現代アート界で成功するだけの人だから、あざといのは当然なんだろうけどね。

とにかく、前半の監獄の描写ってのがすごいのね。ほんとに壁うんち塗ってるっぽいし、うじがわいているところで俳優寝てるし。実際機動隊みたいなのにぼこぼこにされてるように見えるし、なんかけっこうこれ演じた人大変、というか、トラウマになりそうなくらいリアルに再現していてすごいです。というか、ちょっとやり過ぎだと思います。この監獄見ると、『Oz』とか『Prison Break』の監獄が天国に見えます。これは地獄ってのがどんなものかよく描けていると思う。

で、Michael Fassbenderという人が主人公役やってるんだけど、映画監督ってこんなことまで俳優に要求していいのかなって感じのことをさせているわけ。完璧監獄事情を再現したところで撮るのもそうだし、ハンストで最後死ぬんだけど、ぎりぎりまでほんとに痩せているんじゃないかって気がする。これ、ほんと大変だったと思うよ。ぼくなら絶対やりたくないなこの役。で、これだけ無茶苦茶なことやらせる監督に従ったってのはほんとすごいなって思った。一番大変なのはやっぱり俳優だよ、映画って。という映画。
posted by 映画狂人百歩手前 at 10:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 2000年代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Abdel Kechiche, La Faute à Voltaire(Poetical Refugee), 2000

日本ではまったくと言っていいほど知られていないに違いないこの監督この映画は第一作らしいけれど、傑作。ほんとにこれはよかった。パリに住むsans papier(不法滞在の)アルジェリア人男が主人公で、不安定な境遇ゆえに陥る恋ってのを描いているんだと思う。はじめに男は同じアラブ系の女性と恋に落ち、というか肉体的に魅了され、次に白人のとっても身持ちの悪い女の子が彼に惚れてつきまとう。で、情にほだされて付き合うことになるって感じなのだけれど、それぞれの関係の描き方になんとも言えないものがある。こういう関係、どこにでもあるって気がするんだよね。

主人公のJallelはヒゲが濃い男だけど、スーツに身を包んだときの男前らしさと言ったらすごいの。で、Élodie Bouchez演じるLucieがだんだん可愛く見えてくるのがすごい。なんだか恋愛体験そのものを体験させてくれるような、そんな感じがする映画だ。

アメリカ人の感想だと思うけど、この映画は前半はすごいハッピーなのに後半突然暗くなる、みたいなことを書いていた。これにはびっくり。前半、アラブ人の女の子と恋に落ちるところも、じつは全然ハッピーじゃなくて、恋ってものの不安しか描いていない。そこんとこはこの映画にとって一番重要なところで、その不安感から、後半もなかなかハッピーにはなれない。不安と、でもそれゆえの喜びというか、そういうの胸がつまります。これは、ある限定された状況が舞台だけれど、でもとても普遍的なことを描いていると思う。これはほんとにすごい映画だ。
posted by 映画狂人百歩手前 at 09:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 2000年代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月18日

Francis Veber, L'emmerdeur, 2008

実は本国で劇場公開されているフランス映画はコメディがほとんどである。が、それらはほとんど日本には入っていなくて、時代劇とかクライムものとかが入っているのだと思うけれど、それは本国の全体的な傾向を反映していないわけだ、ということが最近よく分かってきた。で、この映画は、今年見たフランスのコメディ映画の中でも一番笑えた。これはほんとうにひたすら馬鹿馬鹿しくて、最高にくだらないのだ。

この映画、原作は監督本人の戯曲で、なんとビリー・ワイルダーが遺作として(Buddy Buddy)監督したという由緒あるもの。さすがにヴェテランの監督作品だけあって、笑いが次から次へと訪れるように計算されている。この種の笑いってのはマルクス兄弟直系のものなんだなあってことが、最近彼らの映画をみたばっかりなものだからよく分かる。出ている俳優たちも、さすがに馴染みのある人ばかりになってきた。日本でも公開されるといいけど、まず無理だろうなあ。なにしろ、フランス映画ってギャグっていうイメージじゃあないからなあ、日本では。
posted by 映画狂人百歩手前 at 23:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 2000年代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月16日

Gavin O'Connor, Pride and Glory, 2008

James Grayの前作、We own the nightと始めの展開がすごく似ていたので、一瞬リメイクかなんかかと思ってしまった。でも、お話しは全然違って、警察内部の腐敗に警官として復帰したエドワード・ノートンが巻き込まれるというお話し。きっとほんとうのお話しを元にしているかなんかで、すごい追い詰められ感が出ている。汚職するものも命がけだし、そのバッドサイクルから抜けられないことに絶望的な想いを抱いている。そして、そうした配下を抱える上層部もまた絶望しきっていて、誰かにどうにかしてほしいと思っている。だいたいそんなお話しだったと思う。

これ見て思ったのは、やはりノートンはかっこいいってことかな。彼のキャリアの中でもピカ一じゃあないかなあ、この作品。ラストの破滅的な展開もすごかった。ちょっと地味目の映画だけど、これはなかなかいい作品だと思う。



posted by 映画狂人百歩手前 at 23:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 2000年代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月10日

2008年ベスト

2008年ベストについてそろそろ考察するべき時がきたのではないかと思う。もちろん見ていない作品もたくさんあるのだし、ぼくは8月からしか見ていないので、それ以前の作品についてはまったく無知なのである。でも、友達の言うところによると、No Country for Old Men, In Bruges(Bons baisers de Bruges), Eldorado, Night and Dayがよかったそうだ。Eldrado以降はぼくも見た。

で、ぼくとしては、もちろんNight and Dayに加えて、Wall-E、クンフーパンダ、Walz with Basir、Le premier jour du reste de ta vie、Two Loversなんかがやはりトップにリストアップされる感じ。Die Stille vor Bachや、Mama Mia !もかなりよかったし、Wantedはアクション映画のなかでは一番すごかった。だいたいそんな感じかな。

秋にあまりいい作品がなかった気がするのが少し残念だけど、まあ終わりよければ全て良し。
posted by 映画狂人百歩手前 at 08:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 2000年代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月08日

Saul Dibb, The Duchess, 2008

公爵夫人という題のKeira Knightley主演の時代劇。要するに彼女にコスチュームプレイをさせて、ひたすら苦しめさせちゃおうという感じのお話。お話自体はどこにでもありそうなものなのだけれど、これをキーラがやっているところがミソなのであり、そこにしかミソはないと言ってもよい。Hayley Atwelもまた魅力的だし、Dominic Cooperもかわいいけれど、やはりキーラの存在感を前面に出した画面の作りになっている。

とにかく、この監督はマゾだと思う。いや、サドかもしんないけど、とにかく、キーラが苦しんで苦しんで苦しめられる姿ばかりを二時間堪能できるのである。これは間違いなく、キーラのコスチュームマゾプレイを楽しむために企画された映画に違いない。っていうか、これ作ろうと思った人たちってのは度胸あるよなあ。これだけ女性がひどい目に遭う映画を作ろうなんてさ。でも、これがキーラだからこそいい。ほんとに。いや、というかもうこれだけでお腹いっぱいでほかに言うことはないんですがこの映画。



posted by 映画狂人百歩手前 at 23:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 2000年代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月05日

Jean-Francois Richet, Mesrine : L'Instinct de mort, Mesrine : L'ennemi public n°1, 2008

70年代あたりのヤクザな連中の話ってのがここんとこよく上映されていて、このまえはLa Bande à Baaderというドイツ赤軍の映画を観て勉強になった気がする。で、こっちは同時代のフランスの犯罪者のお話で、なんと二部作になっていて、フランスが世界に送り出す大作映画なのだ。とくに二部のほうはどこかで見たフランスの俳優たちが勢揃いしているので、気合いがほんとに入っているんだと思う。ヴァンサ・カッセルもとてもよい。

で、ほんとに、え?これってけっこうほんとの話だったの?って一部を見終わって気づいたくらいで(二部があるってことも知らなかった)、まあ無茶苦茶しまくる人なんだよね、このMesrineって人。脱走した刑務所に戻って仲間を脱走させようとするわ、捕まってもなんか凱旋しているみたいな感じだし、もうヒーロー気取りなんだよね。あーこういうキャラが許される社会って日本ではありえないよなあとつくづく思った。フランスは犯罪者に寛容な国だ。まあ、寛容というかは、あくまで人間として扱うってだけだと思うけど。

だいたいこいつ、何回捕まって何回逃げたんだよ。三回か? もうこれはほんとお話し過ぎるって。よく出来過ぎ。女にもモテすぎ。最後の死に方も様になりすぎ。まあ、そんな映画。テレビとかでしてたら、けっこう真剣に見ちゃう映画だとは思う。



posted by 映画狂人百歩手前 at 10:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 2000年代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月28日

Antoine de Maximy, J'irai dormir à Hollywood, 2008

J'irai dormir à...(……で眠りに行く)というTVシリーズがフランスであって、こないだ友達に教えてもらった日本編を見たところに、この映画のバンドアノンスが流れていて、あーこれかと思っていたのだった。よく見ると出ている人同じだし。で、世界中を舞台にしているこのシリーズをアメリカを横断する今回のやつを映画版として持ってきたという感じ。まあテレビでもよさそうだけど、これは面白い企画だし、映画として残しておくのも悪くないし、劇場でこれを見て知らない人と一緒に笑い転げるっていう体験もけっこう楽しい。

で、アメリカ。この国はすごいね。知らないよ、どう撮ったかなんて。なんか偶然を装っているけど、何日も同じ町にとどまっていい絵が取れるまで粘ったかもしんない。でも、たとえそうだとしても、ここで出会う人々やそれぞれの町の雰囲気とかちょっと想像を絶するものがある。セントラル・パークで出会った体柔らかいご夫婦も最高におかしいし、電車でであったこれから刑務所に行くって言うベトナム帰還兵もすごい。ケイジャンの人や、ナバホの人たちや、ニューリーンズもすごい。で、砂漠を走っていたらいきなり非現実なラスベガスに入るのもすごいし、海辺で寝泊まりしている40台くらいの人もすごい。

これ見てると、人と知り合って、その人の生活を知るのってとんでもなく面白いことだなあって思うわけ。なんか、不思議なことに、それぞれの人がとても愛おしく感じられてくる。なぜ映画でしか出会ったことのない人たちに、不思議な親愛の情を抱いてしまうのか。きっとそれは普通の映画でも感じることなのだろうけれど、ドュメンタリー映画だからこそ、そのことを改めて発見することができた。ドゥルーズは『シネマ2』で世界への信頼を取り戻させることが映画の役割だなんてことを言っているけれど、私は人々への愛を取り戻させることが映画の役割だと言いたい。そして、この映画はまさにその見本のようなものだと思う。
posted by 映画狂人百歩手前 at 19:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 2000年代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。